8月24日  成長は激しく、物腰は柔らかく・・・。


ここ2、3日は、結構「暑いなぁ」とういう天気が続き、「おっ。また夏が盛り返してきたかっ!?」っと私の気分を夏モードにさせたかと思うと、今日はとても涼しいお天気です。もちろん、涼しい天気も好きなんですが私のココロが夏モードに戻ったばかりだったので少しガッカリしました。
それにしても、今年の夏は不思議な感じの夏でした。
東洋の魔女的な時間差を入れつつ暑かったり、寒かったり、もう寒いねぇ〜と思わせたらいきなり暑くなる・・・。

まるで、マギー四郎の手品スタイルのような夏でしたよね。(小技・大技・小技・小技・大技っ!!みたいな 笑)

そんな夏の影響のせい(?)なのか、当院の観葉植物がこの1週間で相当な勢いで成長しております。もう、芽吹いてワヤです!!
私自信は、もともと「植物好き」という訳ではありませんでしたが、札幌リラクス本舗の開院祝いで友人からテーブルヤシをもらって育てていく内にハマってしまいました(笑)

それからは、買い物でデパートに行った時なんかは必ずと言って良い程、植物コーナーや植物を扱ったショップがあれば足が向いて、いつの間にか購入しているという以前では考えられない行動が増えてきました。

当院にある植物の種類はテーブルヤシの他に、クワズイモの“イモ君”、幸福の木の“まっさん”、テリハボクの“テリーマン”、なんたらホンコンの“ホンコンさん”、そして、3日前に種から植えて現在5〜7ミリ位に芽吹いてきたクローバーの“ミッチー”と様々です。

そして、その中のイモ君とテリーマンとホンコンさんと新入りのミッチーが、新しくツボミから小さい葉っぱを開かせてジョジョにその葉っぱが大きくなっていく様を目撃すると“生命の神秘”を感じずにはいられません。本当に、ここ1週間の話なんです。

テリーマンホンコンさんの場合は「あっ!5ミリ位の小さい葉っぱを発見!!」から、あっという間に大きくなって、今じゃ色こそまだ若々しい黄緑色をしていますが堂々とした風格が漂ってきてます。(例えるなら、マザーズ・ミルクを制作していた頃のレッッド・ホット・チリ・ペッパーズのジョン・フルシアンテみたいな感じ)

イモ君の場合は、イモから5センチ位の高さで1本ピヨッと出ている葉っぱの茎部分から飛び出した様に新芽が出てきました。まるで幽体離脱しているような感じでチョット怖いです。それが今朝、店に来た時に見ると1センチ位さらに幽体離脱しているのを目撃してもっと怖くなりました(笑)

クローバーのミッチーに限っては、もうスゴイです!!茶碗位の入れ物に半径5センチ位で円状に種を植えました。そして、2日目の昨日まで何の音沙汰も無かったのに、今朝見るといきなり「ボァッ!!」と伸びていました。この成長ップリには驚きました。芸能人の井出らっきょさんのアタマが、次の日見たらパパイヤ鈴木さんみたくなっていたら誰でもビックリしますよねぇ〜。←チョット大袈裟。実際のイメージは哀川翔さん位ですかね(笑)

いや〜、しかし植物の成長を目の当たりに一緒に生活して行くというのは、なかなか良いものです。あとは、植物を怒らせないように大切に育てる事が出来れば、なぁまらいんでなぁいかぃ!?(なぁまらいんでなぁいかぃ=北海道の方言。直訳すると、植物を大切にちゃんと育ているとココロの安らぎと言う名の恩返しを逆に植物から授かっている。そして、お互いの波動を共鳴させ癒し合う事が出来れば素晴らしい事ではないか!!の意。)

ただし、その安らぎを与えてくれる植物を怒らせると大変な事になるかもしれませんが・・・。自分が植物にああしたい、こうしたいという気持ちも解りますが、まずは植物の気持ちになって考える事が出来れば素晴らしい事です。「あ、うっかり水をあげるの忘れてた」とか「暑い部屋や寒い部屋に置きっぱなし」などの行動は、人間からみれば、チョットした事ですが、植物からすれば生きるか死ぬかの一大事です。

この“植物の一大事”を人間の話に置き換えると怒りを含め、色々な感情(=低い波動)が渦巻く事は解りきっています。
実際、植物や動物からの低い波動が原因で当院にお見えになるお客様も少なくないです(私もよく受けます)。。

やはり、花や緑なども人間と同じ命ある生き物なので大切に育てていく事が賢明ですよね。
人間関係でトラブルを起こすのは勿論避けれた方が良いのは解っていますが、これからは、もう一つ奥に踏み込んで植物とのトラブルも回避しながら一緒に楽しく生活していきたいと切に思う今日この頃です。

もし、あなたが知らないうちに植物とトラブルを起こしていて相手が怒っていたとしたら・・・・・。
もしかしたら今、これを読んでいるあなたの後ろ姿をジーッと見つめているかも知れません・・・・・。


夏なんでこんな終わりかたも良いかなと思って・・・。







8月18日   裏技大公開!?


突然ですが、Ctrlキーを押しながらスクロールボタンの上下(マウスのコロコロも)動かす事で今見ているHP上の文字の大きさが変わり、見やすい文字の大きさで閲覧する事が出来る・・・というテクニック(?)を皆さんはご存知でしたか?

「いきなりなに言ってんだコイツ?」「知ってるよ!そんな事!」と思う方もいらっしゃると思いますが、先日私の友人と会った時に友人が私のHPを見たという話をしてきました。

そして、こう言ったのです。「なんかさ〜、行間が変なんだよな。文字2つ,3つ位で改行するんだったらもっと、文字を入れる枠を大きくすれば、文の行がスッキリしてもっと見やすくなるんじゃないの?あと、字がデケーんだよきっと・・・。」

勿論、私は私のレベルで綺麗に文字や行を整えつつ施術の説明などを書いたつもりですし、そんなに見づらいかなァ〜と疑問でした。
最初は友人の言ってくるダメ出しの意味が解らなかったんですけど話を聞き返して、よく考えてみると、だんだん見当がついてきました。

「はは〜ん。どうやらコヤツは、HP画面上の文字の大きさを見やすい大きさに調節出来る事を知らんな!!」と思いました。よく、ネットサーフィンをして辿り着いたHPが滅茶苦茶字が小さかったり、滅茶苦茶字が大きかったりで、「なんじゃこりゃ?見づらいよ、もー」と思った事ありませんか?
そんな時は、冒頭の裏技(?)のCtrlキーを押しながらスクロールボタンの上下をコロコロして自分が見やすいセッティングに調節してしまえば、目にも優しく、ストレスが無く見る事が出来ます!!是非、伊藤家の食卓の皆さんもお試し下さい!!(笑)

・・・・・という事で結論的には、「友人が私のHPを見た時の文字の大きさのセッティングが、私が読者にこの大きさで見て欲しいという大きさよりも1つ、2つ大きい設定で見ていた」という事でお互いの主張を認め合う事が出来たのでした。

しかし、同じHPを見るという行動ひとつとっても友人のPCのセッティングと私のPCのセッティングの違いで受け止めた内容が著しく変化するというのは、当院にトラウマやパニック障害の症状でお見えになるお客様の悩みのプロセスと丸っきり同じだなぁ〜と思ってしまいました。

トラウマとは、自分と相手(モノ・出来事)との情報を受け止めるセッティングの違いであり、それはイコール自分の表現の仕方相手の表現の仕方ギャップにより発生してしまうというココロの傷です。

違う表現をすれば、お互いの表現のギャップの差が大きければ大きいほど「尊敬・失望・格好良い・格好悪い・良い人・悪い人」などの気持ちにもつながります。

話がソレましたがココロの傷を癒す解決策としては、いたってシンプルで相手(モノ・出来事)の自己表現の仕方を受け止め、認めることが出来れば今まで苦しんでいたトラウマを開放する事ができますし、最初から傷付く事もないでしょう・・・。

ちなみに、冒頭の友人から私はPCのエクセルやワードの操作の仕方を相当な言葉の暴力を受けながら教えてもらったのですが、このやり方をその友人に教えた時にちょっと勝ち誇った気分になったというのは言うまでもありません。(笑)

伊藤家の食卓の話から始まり、偶然ながら「おっ。上手いこと言った!」と、ほくそ笑んでいる・・・っというのも私の表現のひとつです。







8月13日  まるで、あっちゅーま・・・夏。  by J-WALK


いや〜、店の窓からトンボが1匹飛んでいるのを目撃しました。
「もう秋なんだなぁ」と、ふと寂しく感じました。今年の夏はあっちゅーまでしたねぇ。
去年よりもあっちゅーまに感じました。暑い日が少なかったせいでしょうか?それとも、遊び足りなかったからでしょうか?それとも、店の事でそれどころではなかったからでしょうか?

どれが正解かと聞かれたら答えは全部になるんですけどね(笑)

秋と言えば紅葉です。去年もそうでしたが夏があまり暑くないと秋の紅葉の要となる赤色が少ないような気がします。やはり、「今年の夏は暑かったな〜」と見てて思い出す程の真っ赤な美しい紅葉を是非、鑑賞したいものです(暑くなかったけど・・・)。果たして、今年の紅葉はどうなるのでしょうか楽しみです。


さて、札幌リラクス本舗の営業成績の方はといいますと、こちらは真っ赤に燃えてますよ〜(笑)寂しくなってはいられません。(決して火の車って事ではありませんので・・・ん?微妙か!?)

最近も、変わらずココロの問題での問い合わせが多いです。
心療内科などで「うつ病」と診断され、処方された薬を飲むのだけれど回復・改善の方向になかなか向かわなくどうしようといったようなケースから死にたい衝動に駆られて自分が怖いんですけど・・・などなど様々です。いったいココはナニ屋さんなんでしょうか(笑)

最近は、「うつ病」という病名がポピュラー化しているのか、年齢も性別も関係なくそこら辺で聞くようになってきました。「今まで私は、この病気になっているのを世間から隠さなければならなかったけど今の時代はオープンに言えるから、まだ気が楽だろうな」と以前来院された年配のお客様が言っていた話を思い返し考えさせられる程です。

「うつ病」や「パニック障害」などの症状がお悩みで当院にお見えになる方々の大抵の場合は、色々なココロの悩み(トラウマなど)をたくさん抱え込んでしまう事で自分自身のいるべき場所を余計に狭く窮屈にしていき、終いには身動きが取れない程のスペースで日常生活を送らなければならない・・・といった精神状況でお見えになるケースが多いです。

そして、当院でそういった症状のお客様に対してどういう施術をさせて頂くかといいますと、原因になったトラウマや自分の中にある副人格的存在のエネルギーを低い波動エネルギーとしてとらえ、浄化し整理させて頂きます。
トラウマや副人格などを整理することで、今追い込まれている状況があったとしても施術後は、どーでも良くなっています。これは、今まで頑なに否定し続けた過去の出来事とその自分自身を認めることが出来たためです。

例えば、一回何気ないウソをついてしまいました。しかし、その事で後々とんでもない事に変化していってしまい大事件になってしまいました。そして・・・A告白するにも言うに言えない状態の中でモンモンとウソがバレ無いようにこれから何十年も生活していかなければならないと悩みおびえている状況(否定し続ける)から一転、Bひょんなキッカケで謝罪するキッカケがめぐってきて「ウソついてすいませんでした」と一言謝ることが出来、かつそのウソの被害者とも円満に話し合い謝罪が成立し身もココロもスッキリした状況(ウソをついていた事を認める事が出来た)とを比べてあなたはAとBどっち状況を選びますか?

・・・っと聞いたら大抵の方は後者Bの認めていくラク〜な生き方を選ぶと思います。しかし、実際は不思議とAの否定し続けていくツカレ〜ル生き方を選び実践されている方がほとんどです。

シンプルにスタートから真っ直ぐに歩いていけばゴールにたどり着くのにわざわざ危険な道を通って回り道をしている状況と同じです。これは、人間のミエやプライドに関係しているのでしょうか?それともその人の性格によるものなのでしょうか?
これ以上話を進めていくと「ドーデモイイ」話になってきますのでやめますけど・・(んじゃ、書くなっつー話ですがね)。

まぁ、「どうやったらラクに生きていくか」という事を考えていけば必然的に何が「癒し」という事になるのかが解ってくるのではないでしょうか。

札幌リラクス本舗で扱っている施術法の波動整体療法は限りなくラク〜に生きていく事を自分自身で認め、実践する事が出来る数少ない癒しの療法です。

今まで頑なに否定し続けた過去の出来事とその自分自身を認める事が出来たらどんなにラクか・・・、または、自分自身や過去の事を認めたいっ!!っと考えている方は、是非札幌リラクス本舗にお立ち寄りください。皆様のご利用を心よりお待ちしております!!

 
   札幌リラクス本舗は『癒し』という観点から見て施術をさせて頂きます。
 それが、身体の痛みでも、ココロの痛みでも従来の治療法に無い効能範囲で
           『癒し』を実践したいと考えております。








8月8日  あっつい夏でした・・・。


遂に北海道の気温は28度〜30度を超える程の夏日を迎えました。
ただし、昨日までの3日間だけでしたが・・・(笑)。
しかし、たかが3日間だけでしたが、私にとってとても凝縮された夏でした。

というのも、昨日は当院の定休日で、今年の「夏ゥ〜」は今日がピークなのではないかと道産子の感が背中を押し、北海道西側の海沿いにある積丹というところに彼女の朋チンとドライブデートに行って来たからです。

札幌から2時間弱位の場所にある積丹の余別という所に着き、久々に海のにおいを嗅ぎました。いつもならキャンプに行き、たらふく酒を飲みバーベキューなどをして騒いでいる時期なんですが、今年は仕事の都合上、時間が全く無くてバーベキューどころか海を見に行く事すら出来ませんでしたので、すごくいい気分でした。

海を満喫したあと、「なごみの宿 いい田」というTV・雑誌などにいつも紹介されている人気の宿に行きました。なぜ、行ったかというと夏の味覚を堪能する為、大盛うに丼を食い尽くす為に行ったのです。
実は、ここ「なごみの宿 いい田」は私が毎月1回出張マッサージを施術しに行くお得意様でもあり、先週マッサ−ジをしに行った時に「来週暑かったら遊びに来るから〜。うに丼食わしてね〜」と女将さんに前フリをしておいたお陰で、宿に着いた時点でスムーズに大盛うに丼が運ばれて来ました。
とれたてホヤホヤのイカと海老もデッカイ皿にモリモリ乗っかって出てきました。相変わらず、ボリューム満点!!鮮度抜群!!美味い!!低料金!!で至れり尽せりのサービスに大満足でした。

この季節の「なごみの宿 いい田」は大忙しで女将さんをはじめスタッフの皆さんはテンテコマイだそうです。先週、施術前の身体が私に訴えかけてましたので間違いありません。
まぁ、この宿に泊まれば何故大忙しになるか理解できると思いますが・・・。

恐らく来月まで予約を取れるかは解らないですけど、とにかく要チェックです!!(この季節は、じゃらんなどの雑誌でも紹介されています。宿の雰囲気はHPより雑誌の方が解りやすいです)

短い北海道の夏でしたが(勝手に終わらせていますが・・・。)
暑い夏、眩しい太陽、ドライブ、積丹ブルーな海、大盛うに丼、ぷりぷりの海老、シャキシャキのイカ、夏色な私(自爆)・・・・・と最近、仕事の都合上休みが合わず彼女の朋チンの機嫌を損ねていた所でしたので、今回のドライブデートは見事汚名を返上する事ができたと確信しております(笑)

いや〜美味かった・・・。これぞ北海道の夏って感じを堪能した日でした。

帰り際に「なごみの宿 いい田」の女将さんには、ちゃんと言っておきましたよ!!
なにがって?

いや、来月はアワビ食いにくっからヨロシクね〜って(笑)